練馬区 吉祥寺 どちらからも アクセスしやすい 駐車場完備 

歯科 (歯医者)

吉祥寺壱番館歯科医院   診療内容

診療科目
一般歯科・小児床矯正・矯正歯科(マウスピース矯正) ・ 予防歯科・スポーツ歯科

インプラント(人工歯根) 応需

 


吉祥寺壱番館歯科医院では、むし歯・歯槽膿漏(歯周病)治療などの 

健康保険対応 一般的な歯科治療 の他 

 

各種専門歯科治療に対応して

 

おります。

 

「最新の歯科材料を応用」

 

「基本を大切にした歯科治療」


           「小児から大人まで対応 マウスピース矯正」

                                 ↓ ↓ 専門ページ ↓ ↓

.jpg

 「残った歯にやさしい入れ歯 ・ 歯ぐきにやさしい やわらかい入れ歯」

                        ↓ ↓ 専門 ページ ↓ ↓

.jpg

  comfort.gif        


歯周病の予防を考慮に入れた審美歯科治療、マウスピースを用いた歯並びの矯正、審美義歯(ハイブリッドデンチャ-)、最新の歯科材料を用いた接着ブリッジ、歯を削らないアドヒージョン・ポンティック、インプラント(人工歯根)等。

ホワイトニング(削らずに歯を白くする方法)や、様々な予防歯科処置についても対応致します。


●まず、痛みがある場合、その痛みを除去することを最優先いたします。その後、検査・診断結果と治療方針をできる限り、わかりやすく御説明致します。治療内容の十分な説明を毎回必ず行いますが、不明な点は遠慮なくその場で御質問ください。

●外傷などの緊急時を除き、場当たり的な治療は致しません。治療~予防までお口の中の包括的治療を目指します。
(特に、治療後のセルフケアの方法について、十分なアドバイスを行っていきます。また、リコールによるメインテナンスを充実させ、予防と再発防止に極力努めます。)

 

☆ 吉祥寺壱番館歯科医院では お口の健康管理は 「オーダーメイド」 と 考えています ☆

お口の中の健康管理は、年代や、それぞれの個人によって最適な方法があります。

●歯周病(歯槽膿漏)は、初期治療として、歯石除去を中心にブラッシング指導等も行っていきます。現状維持を求めるか、さらなる改善を求めるか、状況・ご希望により治療の選択のメニューは十分に用意してあります。一人悩まず、ご相談ください。

予防については、定期的な健診(回数は、年に2回~6回で年齢や症状によってことなります。)と成人に対してもフッ素を積極的に取り入れております。1才児から成人まで、歯のあるすべての方が対象です。ご自宅での、毎日のホームケアについてもアドバイスいたします。
また、ご希望により随時、ステイン(着色汚れ)除去、クリーニングのみも行っております。

M I Minimal Intervention )
むし歯治療には、最小限の切削を目指します。

従来の「むし歯になりやすい部分はむし歯でなくても予防的に削って詰める」と言う治療法とは違います。

 

★むし歯が脱灰(進行)と再石灰化(修復)を繰り返しながら進んでいくと言う考え方

★最新の歯科材料である接着性レジンセメントを用いた保存修復方法 から成り立っています。


M Iにはむし歯になっている部分(感染歯質)と健全な部分、むし歯になりかかっているが、再石灰化が期待できる部位(初期むし歯)の確実な判断・判別が必要です。


細菌(むし歯菌)が侵入し、感染した歯を「感染歯質」と表現します。

むし歯検知液(正確にはう蝕検知液)でむし歯と思われる場所を青く染め、その後 水洗することにより なお青く染まったままの部位を客観的に感染歯質と診断します。

むし歯検知液は一般的に 赤色ですが、吉祥寺壱番館歯科医院では 青色 のむし歯検知液を使用しています。

患者様に目視していただいた際、「出血」と混同させない為にあえて一般的な「赤色」を使用しておりません

吉祥寺壱番館歯科医院では、勘に頼るのではなく、カリエスディテクター(むし歯検知液)等を用いた感染歯質の除去を行っております。

世界水準の単純な臨床ステップですが、吉祥寺壱番館歯科医院ではごく当たり前として10年以上前から実践。

基本を大切にした歯科治療を目指します。

予防歯科について

かつて、WHO(World Health Organization)歯科部長のDRが

 「むし歯と歯周病は予防できる疾患である」 と語っていたことを思い出します。

私(院長)自身は、東京医科歯科大学大学院在学中に「生体機能制御歯科学」を専門にしておりました。生体機能制御歯科学には歯列矯正用の接着材料を研究するもの、インプラントと骨を生着するための材料の研究をするもの、精密な入れ歯を重合するための樹脂の研究等々があります。(専門の学会ではありませんのでこの表現を使います)

歯・生体に人工物を応用して機能を制御し、健康に導くための学問と当時は考えていました。

私(院長)は、研究に並行して通常の歯科治療(むし歯を治療したり、入れ歯をいれたり)を行いつつも、企業の嘱託医として健康管理センターや歯科室などで多数の方々の歯科に関する健康相談、予防処置等を数年にわたり担当させていただいた経験があります。

最初、赴任当時は事業所全体の歯科に関する健康状態が悪かったものが、アドバイス、予防処置を繰り返すうちに、みるみるうちに全体が改善されていくのを幾度も経験いたしました。

成人にとっても、予防処置は有効なのです。

ご自身も、吉祥寺壱番館歯科医院できっと実感されるはずです。


健康維持のための上手な歯科医院の利用法として、歯の健康診断的なカウンセリング、予防処置

むし歯の再発防止のアドバイスも
気軽に受けられる吉祥寺壱番館歯科医院。


これまでの歯科医院は、悪化してから(痛くなってから)通院するのが普通でした。その為、大量に歯を切削したり、神経を抜いたり。非常に残念なことですが,時には歯周病が原因で、歯は無傷なのに抜歯をすることもあります。


しかし、むし歯や歯周病になる前に歯科医院を利用し、積極的に予防処置を行えばそれらの問題のほとんどは未然に防ぐことができたはずです。また、なんらかの理由で歯を失うことになっても、最新の歯科材料を有効に利用した治療法なら、(過剰に歯を削らずに・残っている歯に負荷をかけずに)噛めることの喜びを取り戻すことができるはずです。



 

☆東京医科歯科大学 歯科同窓会主催 スポーツマウスガード講習会

☆日本歯科スポーツ歯科医学会 (JASD) 公認マウスガード講習会 等々 

スポーツマウスガードに関しても日々研鑽しております

 詳細は当院スポーツマウスガード専門 HP ご参照ください。

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

.jpg

 

ブリッジについて

ブリッジによる治療。歯と歯を削ってつなげる治療方法です。 従来の方法(健康保険適用)では、抜けている部分の、両方の隣在歯(となりの歯)を全面全周にわたって削り、金属で被いかぶせるようになります。天然の歯をひとまわり小さくなる程、削ります。

削る量の少ない接着ブリッジ、アドヒージョン・ポンティックとは?

接着ブリッジの手法では、主にブリッジの維持力(人工物を天然の歯にくっつけて保持する力)を接着性レジンセメントの天然歯への接着力に求めているため、歯を削る量は、通常の方法の1/10以下で済む場合がほとんどです。削る量が少ないので、歯の神経に影響を与える可能性(しみるようになってしまう等)を大きく減らすことができます。また、歯にかぶさる補綴物の範囲が小さくなるので、従来の方法より目立ちにくくなります。(ご自分の歯を多く残せる。)これは、従来の接着剤を用いては困難な治療法であり、適応症例であれば、かなり有効・有益です。

症例によっては全く歯を削ることなくダミーの歯(ポンティック)を抜けている歯の部分に補うことが可能な場合もあります(アドヒージョン・ポンティック法:保険外診療になります)。

 

審美義歯(ハイブリッドデンチャー)について

当院では、総入れ歯、部分入れ歯ともに多数のご相談・治療をお受けしております。

いまお使いの入れ歯で食事・日常生活に違和感を感じていたとしたら?そのような症例には、歯にやさしい義歯(ハイブリッドデンチャー)をお勧めしております。弾力性の高い新素材をもちいた義歯の軽くて薄い仕上がり。金属の針金を一切用いないこの義歯は非常に好評をいただいております。審美性にも優れます。意外なことですが、入れ歯なのにお餅やガムを噛めるようにもなりました、との声も多く聞かれます。

ハイブリッドデンチャーに関して、症例多数ありますので是非ご相談ください。
(ハイブリッドデンチャー:保険外診療になります)

143120160512D.png 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3928-6874